足の爪が
2016 / 11 / 11 ( Fri )
10月下旬に足の爪が割れたらしく、キワのところが腫れました。
しばらく化膿に効く市販薬をつけてましたが、効かず肉芽ができてきたので
近くの内科で診てもらいました。
ゲンタシン軟膏とフロモックス錠をもらってつけてました。
これでも一向に治らず。

とうとう、私が見てもらったことのある皮膚科へ。
日曜もやってるというので受付終了前にいってみたら、
ものすごい人数が待ってました・・・
受付はしたものの、あの人込みと時間にくじけて帰宅。
改めて月曜に受診。

皮膚科の先生の見立ては「巻き爪」。
あまり歩かない人は足の親指に力が入らず、爪が巻いてくるそうです。
消毒とソフラチュール貼付剤(お薬を含んだガーゼ)をつけて終わり。
フロモックスとソフラチュールを処方されました。

とはいっても、すぐにばんそうこう取る人です。
ソフラチュール1枚を小さく切ってそのたびに着けましたが、
2日でなくなってしまいました。

しかたなくゲンタシンとばんそうこうでしのいでましたが
金曜日に再受診。
今度はソフラチュール3枚いただきました・・・
一応、むくみがとれてきているとの診断。
気長に処置しないといけないようです・・・

早めの手当が必要、と痛感してます。
スポンサーサイト
18 : 32 : 56 | 内科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
長引く水様便
2016 / 05 / 14 ( Sat )
ゴールデンウィーク後半から水様便が止まりません。
熱は出ず、嘔吐もなし。
本人機嫌はよくて食欲もあります。
市販のビオフェルミンSと私の抗生剤に一緒に出たビオフェルミンR錠を交互に飲ませてみましたが。
市販のほうは効かず、Rのほうがちょっと効くかな?という程度。

心配なので近所にある在宅診療もやっているクリニックへ行きました。
事前に電話で知的障害があることと症状をいって待ち時間を聞いたらすいてるとのことなので、
支度をしてダンナと3人です歩いて5分もかからないクリニックへ。

あいにく、土曜でいつもの先生ではなかったけれど、
すごく優しい先生でした。

脈拍や触診、食べたものの問診などあって
たぶん腸が活発すぎなんでしょう、ということに。
ビオフェルミンと下痢止めを処方していただきました。
下痢止め、細粒の処方だったのですが、
薬局では取り扱いがなく、小児用を大人に換算して処方してもらいました。
効かなかった場合の頓服下痢止めもいただきました。
これで効くといいなぁ。

本人は初めてのクリニックで戸惑ってましたが、
落ち着いて診察を受けられました。
先生に褒められました・・・w

処方箋出るまでに時間かかったので
先にダンナと帰ってもらったけど。
ダンナいて助かったです~

クリニックのいつもの先生は先日活動ホームで在宅診療についてお話ししていただいて、
障害のある人にも在宅診療できますよ、と言っていただいてたので、
具合が悪くなったらかかろうと思ってました。
あいにくお話しした先生ではなかったけれど、一緒に来てた看護師さんが今日いて、
次からもどうぞいらしてくださいね、と言っていただいたので、
もう絶対ここに決めようと思いますw
在宅診療は定期的な診療になるので手続きが必要でまだいいかなと思うのですが、
万が一の往診にはどうしてもというときはお願いできそうですwww
11 : 42 : 10 | 内科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |