遺伝科&歯科
2007 / 07 / 30 ( Mon )
今日は2つ受診してきました。

まずは遺伝科。
脳波検査の結果を聞きました。
発作波はでてないということ。
安定してきていて大人の波形に近づいていること。
もうしばらくしたらお薬の減量はじめましょう、ということになりました。
よかったです~ww

でも思春期になると新たな発作もあるので、
注意は必要です。

遺伝科はいつも5分で終了です。

次に歯科へ。

前に発見された虫歯は変わらず、
こないだ生えてきた歯が虫歯になりかかってると!
ううーん、磨いてきたつもりですが。
諒平はときどき食べ物を飲み込まず
口に溜め込んでしまうのでそれが問題みたいです・・;;
しかも、上のぐらついてる歯はクラウンで、
その隙間に食べかすが挟まってたし;;
とりあえずまた進行止めのお薬を塗ってもらって処置終了。
次は2ヵ月後です・・・。

1日に2科受診することはめったに無いのですが、
内科の受付で2科受診です、というと、
時間前に診察を受けられました・・
病院にいた時間が1時間もなかった。
いつもこうだといいのにね。

会計で2科分の処方箋をもらい帰りました。
家の近くの薬局でいつもやってもらってます。
てんかんのお薬はいつも取り寄せになるみたいで、
翌々日くらいに取りにいくことにしています。
あ、歯科の処方箋は、ぐらつき乳歯が抜けたときの抗生剤です。
スポンサーサイト
16 : 04 : 50 | 遺伝科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりの一時ケア
2007 / 07 / 25 ( Wed )
夏休みに入ってまだ一週間も経ってませんが・・
活動ホームの一時ケアに行きました。
9時から15時まで。
お昼つき。

去年、ショートケア(お泊り)を予約してたのに、
入院したので今年はショートケアはちょっと二の足を踏んでしまいました。

で、今年は一時ケアを数回予約しました。

一年ぶりなので、表情は硬かったです。
でも何回も利用してきてるので大丈夫とふんで、
ETCの割引継続申請と映画に行ってきました。

お迎えに行ったら、やわらかくなってましたw
午前中は散歩、午後はお友達やスタッフとの交流をしたそうです。

児童デイサービスと同じ法人のところなので、
昨日行った児童ディのスタッフが一緒に遊んでくれたそうです。
知った顔の人がいたので少しは緊張もほぐれたかな。

児童ディは夏休みも毎週1回あるので助かります・・w
15 : 44 : 32 | 福祉制度 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
循環器科受診
2007 / 07 / 17 ( Tue )
術後2回目の循環器科を受診しました。

14時の予約だけどいつも1時間は待つので学校の下校時間に合わせて、
迎えに行き、車で病院へ向かいました。
途中、環状2号線で大型車が横転したらしく、ものすごい渋滞。
抜け道を探して、たどり着いたのが14時半。

なんと駐車場が上の階段を使うほうにまわされたので、
警護のおじさんに「車椅子使うんで・・」とお願いして、
平坦な方の第2駐車場へ入れたら・・空いてました><。
バギーじゃないと、おとなしく待ってられないので・・ラッキーなのか?

予約時間を過ぎているので、受付機は受け付けてくれず(30分以上遅れたので)、
人のいる窓口で受付してもらい、レントゲン&心電図&身体計測へ。
診察室の前に着いたのが15時前でしたが、まだ14時予約の1番目の人が診察中。
おやつを食べながら待つこと1時間弱、やっと呼ばれました。

聴診器や触診、心電図&レントゲンを見て、普段の様子を聞いて、
「変わりありませんね、心雑音はありますが、経過観察でいいでしょう」
術前は1年に1回だった診察は術後なので4ヵ月後となりました。
先生に「おとなしいね~」と笑われました。

そうそう、レントゲンでおなかにガスが溜まってるといわれました。
そういえば、このごろよくオナラがでる。
先生は「近頃何か環境の変化がありましたか?精神的なもので空気を飲み込むことがあるんですよ」と・・
んん?特に変化はないけど・・気になるのは虫歯ぐらい。何だろう?
もう少し家で様子を見てみたいと思います。

土曜に補聴器のイヤモールド(耳型)をつくりにいきました。
耳が大きくなって音もれ(ハウリングといってピーと音が鳴ります)するので・・。
そのときに補聴器本体を見てもらったらスイッチが壊れてるらしい。
ということで修理に出してたので帰りに寄って取ってきました。
綺麗な補聴器になってもどってきました。
イヤモールドは完成まで1週間はかかるのでまた行かなきゃね。
でも聴覚障害の手帳を取り上げられた(軽度のため)ので全部自費・・・高いよー(泣)。
19 : 08 : 11 | 循環器科 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |