帰省&歯科
2009 / 08 / 14 ( Fri )
正直、今回の帰省はきつかったです・・・

諒平は成長とはいえ、他人への興味が強く、
いとこを泣かしてしまいました;;
それでもいとこ(4歳女の子)が慣れてくれて、
諒平の発声を真似て遊んでくれたので助かりました。
花火をしたりしてずいぶん刺激があったので、
夜中1時まで眠れなかったりしましたけど。

双方の実家にパソコンがあるので、
外に出ないときは家ですごすことができました。

大分では海水浴場にも行ったし、
温泉にもいったなぁ。
家族風呂があるので安心してお風呂を使えました。
初めてのところなので「あーあー」とうるさかったけど。

おじいちゃんおばあちゃんには成長したことを見せられたかな。




今日は歯科受診でした。
いつもの定期健診ではなく、シーラント処置。
予定の歯ではなくやりやすい4番目の歯に変更しての処置。
作業台の上にはなにやらいろいろな器具が乗ってました。
ゴムの伸びるシートに小さな穴をあけて、
対象の歯だけを穴から出るようにして口にマスク状にしたのにはびっくり。
そのときには口を大きく開けたままにするために、
口端かたっぽに開口器をセット。
しかもはじめての研磨。
諒平はそのあいだ目をずーっとつぶってもぞもぞ動いてました。
頭を動かさないのはえらかった。
1本だけの処置でしたけど、疲れました・・・
オトナの治療とは違う器具を使ったりするので、興味深かったけど、
動かないように両腕や足を押さえてるので汗かいちゃった。

Drは今回の処置で「軽い虫歯の治療ならできそうですね」と、
次回は1時間の枠をとって初めて治療することになりました。

虫歯が進行しないように、ちゃんと歯みがきしなくちゃ、です。

スポンサーサイト
16 : 13 : 19 | 歯科 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |