退院後と診察
2012 / 04 / 09 ( Mon )
退院後、テグレトールを飲みながらの生活が始まりました。

5日からはいよいよ高等部2年のクラス。
メンバーも先生も入れ替わりがあり、
持ち上がりの先生が2名、異動でこられた先生が1名の3名担任です。
学年の先生も入ります。

始業式・入学式、離任式もなんとかこなしました。

土曜日、薬疹が!
全身に赤いぽつぽつがでてきてました。
そんなに痒くはなさそうですが。
とりあえず、近所のかかりつけ小児科でアレルギーのお薬をいただき、
こども医療に電話すると当直の先生が
「月曜日診察ですよね。
明日ひどくなるようだったら、テグレトールを中止してみてください。」
とな。

というわけで、日曜日は1日テグレトールは飲みませんでした。

が。
案の定というか、月曜明け方3時に発作。
ひどいものではなく、20秒ほどで治まりましたが、
ダイアップを1つ使いました。

その後は眠気があるようで朝ごはん後、
うとうとしてました。
7時半にまた発作。
今度の発作後はしっかり入眠。

10時には病院で検査を受けたいので、
9時過ぎには起こして車で出発。

さっそく車椅子を借りて検査室へ。

採血・身体計測を終わって遺伝科へ。

11時ごろでしたが、診察中に発作。
看護師さんがさっそく酸素ボンベをもってきてあててましたが、
1分ほどで元にもどりました。

ここで遺伝科主治医から神経内科の先生に連絡をしてもらい、
救急外来に移ってみてもらうことになりました。

神経内科は14時30分だったので、
発作で早まったのはラッキーというかなんというか・・・

しばらくして神経内科の先生がいらして問診。
お薬を以前飲んでいたセレニカRに変更してみましょう、ということに。

まあ、以前飲んでた薬なら薬疹もでないかも。

まずは1ヶ月様子見。
次回の脳波検査の後に診察を入れてもらいました。

次に救急外来で、内分泌科の先生が来て見てもらいました。
血液検査の結果から、いますぐ治療が必要なわけではないけど、
いろいろと経過をみせてもらいます。ということでした。

本人の様子、生活の様子を問診して触診して終わり。

次回は脳波検査のときに血液検査もするということで、
神経内科の次にいらっしゃいということになりました。

以前なら、まとめて一日にしちゃうということはなかったのですが、
最近はとてもサービス?良いですw
とにかく診療科が増えてしまったので、
(こども医療だけで5つもある・・)
まとめてもらえると助かります。。

ほんとは、午後の神経内科にダンナも一緒に話をきくことにしてたんだけど、
発作のおかげ?で午前で全部終了したので、
急いで来なくて良いと連絡。

会計・お薬と待つ間に、菓子パンを2つほど食べ、
家に帰宅してお昼ご飯を食べました。

セレニカR、効きますように・・・
スポンサーサイト
14 : 30 : 45 | 神経内科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |