親知らず抜歯手術
2015 / 11 / 28 ( Sat )
25日入院、26日に全身麻酔で下の親知らず2本を抜歯手術しました。

入院は私も付き添いで2泊します。
1日目は病室で病棟看護師・神経内科Dr・麻酔科Dr・歯科Dr・手術室看護師が来て
説明やら問診やらですぎました。

「本人の精神的安定のため」の付き添い入院は歯科のみ。
なのでトイレ付き個室です。
シャワーもついてるんですが、こちらは使用禁止みたいです・・・

付き添いのために病院にあるコンビニで寝具セットを借りてきました。
その間、病棟看護師さんが諒平をみていてくれました。

昼食と夕食は病室で。

24時からは絶食ですが夕食で十分食べたようでした。

翌朝は5時半起床、5時45分に常備薬を飲んでまた寝てました。
手術が8時開始なのでそれまでに飲んでくださいということでしたので。

7時45分に術衣に着替えて待機。
歯科の主治医がお迎えに来てストレッチャーへ。
こども医療なのでストレッチャーはこどもサイズ。
足の先が・・・出てました・・(笑

歯科の手術は特別で麻酔で寝るまでそばに付き添います。
私も服の上から青い術衣・帽子を着て入室。

手術台ももうぎりぎりサイズでした・・
点滴は左手の甲からとって麻酔を入れるとすぐに寝てしまったので、
私は呼び出し用のピッチを持たされ外へ。

手術の間、私の朝食をとって汚れたパジャマをコインランドリーへ。
あとは必要な私の食料をコンビニで調達。
そこで部屋で待機。11時半にコールあり。

すでに目が覚めているようで、
手術室を退室するまえに主治医から説明がありました。
右は2つに割って2針縫いました。
左は真横に生えていて、2つに割り、骨を削って4針縫いました。
左はかなり腫れるでしょう。糸は溶ける糸なので抜歯はしません。
熱が出なければ明日退院。
夜からおかゆで食事OKです。
一応鎮痛剤を座薬で処方してあります。
3日間は抗生剤を服用します。

というお話でした。
取り出した歯はビニール袋にいれていただきました。

手術室から出てきたときは案の定点滴のところに拘束帯。
今はしっかりできてる拘束帯。
病室にもどってから片方の手にも拘束帯をしてもらいました。

本人は疲れているようで、もちろん一言も発声なし。
病室でぼんやりビデオみてました。
口が閉じられず、血の混じったよだれがだらだらとたれてくるのでいちいちふいてあげてました。
16時ごろ、ちょうど痛み止めが切れるくらいでぶるぶるしてきたので
看護師さんをよんで痛み止めを入れてもらいました。
そのあとは寝たり起きたり。
夕飯はおかゆ・お味噌汁・細かくした麻婆豆腐・ふかしイモ・カリフラワースープ煮・リンゴ缶。
朝から食べてないのですごいスピードで完食。
舌でつぶすように食べてました。

食事ができたのでここで点滴をとってもらいました。
夜のお薬を飲んで、就寝。痛み止めの座薬もいれましとた。
21時ごろにダンナが顔を見に来たのでその間に私は夕食。

何度か目が覚めましたが痛み止めを使うことなく朝起床。
朝食に普通食が出たんですが、看護師さんがおかゆだよね~と
代わりのおかゆ食を持ってきましたが、
すでにやわらかいさつま揚げは食べちゃってました。
あとからきた朝食もよく食べてました。

主治医がきて様子をみて退院許可がでました。
それからが長い・・ちょうど看護師さんたちの交代の時間らしく。
10時すぎてやっとお薬をもらって退院となりました。

お昼前に家についたので、
いそいで炊飯器でおかゆのセット、
片付けをしながらとろとろのスクランブルエッグをつくり
桃の缶詰をあけてお昼にしました。
私の調子が悪かったのですが。

実は私が入院前から風邪気味で、
入院中よく休めなかったのもあってグロッキー。
帰宅した日は横になってました・・・

夕飯も小さく切った肉じゃがにしてなんとか乗り切りました。

いまどきの病院、家族で診察が多いですね~
昔はお父さんの姿はまばらでしたが。
かなりうらやましく思いました。
精神的にも体力的にも今回はつらかったです。
あ。でももう付き添い入院は最後かと思います。
術後検診の後は歯科も転院予定。





スポンサーサイト
16 : 46 : 58 | 歯科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
内分泌科&神経内科
2015 / 11 / 18 ( Wed )
今日は母のみの診察。
先日の検査結果を聞きにいきました。

まずは内分泌科。
検査結果は甲状腺が小さくなっていると。
普通の大きさの半分しかないそうです。
でも、これはお薬で補えるので特にどうするってこともなさそうでした。
今までと同じお薬をだしてもらえることに。
一生飲むんだと思います。
前回はチラーヂンS散が処方できなかったのですが、
今回から処方できるようになってました。ありがたいです。

次回は採血ありの本人連れての診察になります。

次に神経内科へ。
実は先週金曜日午前中、日中活動中に発作らしきものがあって。
幹から電話があったのですが、年に1回あるかないかのひどい便秘(の発作?)で
チアノーゼになり、腕がびくっびくっとけいれんしたそうです。
ただ、意識はあり、そのあとは落ち着いていて寝てもいないとのこと。
それをDrにお伝えしたら、「積極的に発作とはいえない」だって。
発作だったら、意識なくなるし発作後は眠ってしまうので。
なるべく便秘にならないようにしてくださいね、とのことでした。

内分泌科と同じく、肝臓のエコーは問題なしでした。
あああ、よかったです~~
お薬も今までの種類・量で変わらず。
一安心・二安心して診察終わり。
こちらも次回は採血あり本人連れての診察になります。
どちらも同じ日(2月)です。

神経内科と循環器内科の受付は同じなので、診察後に循環器内科の初診の予約をいれました。
とうとうこども医療は遺伝科のみになります~(歯科手術後)。

今回も処方箋を写メして薬局に送信しました。
取りに行くのは明日です。
14 : 20 : 02 | 神経内科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
術前検査
2015 / 11 / 11 ( Wed )
歯科の術前検査のためこども医療へ。

採血と採尿。
これはスムーズに。
そのあとの計測も身長はOK。
体重計はかべに手をついてしまいNGだったので、
寝たままはかれるベッドで体操ずわりで測りました。
今度からこれで測ってもらおうww

歯科はお話しだけだったのであまり待たずに呼ばれました。
手術の注意点とか術後の予想とかお話しがありました。
もう何度か経験してるのでとりあえずOK。
今回は親知らずの抜歯ですが、一緒にあれば虫歯の治療もやってくれるそうです。

そのあとは神経内科の受診(歯科の手術のため)ですが、これは午後なんで。
何年振りかに食堂へ。
懐かしの中華丼を諒平へ。
なんかメニューが増えてるのでうれしくて私は納豆うどんを頼みました。
あったかいうどんかと思いきや冷たいうどんでしたけど。
二人とも完食。

あっという間に食べ終わったので
時間を持て余して、ドライブに行くことにしました。

まずはふらふらと卒園した西部療育センターまでいってみました。
14年ぶり?ちょっと建物が古くなったかも~
駐車場に入っただけで出てきました・・・駐車場のおじさんがいたので(苦笑

そのあとはみなとみらいまで~
病院へ戻ったらそれでも1時間待ち~
トイレにこもったり、スマホゲームをしたりして時間つぶしました。

呼ばれたのは14時すぎ。
女医さんでしたが、こちらの質問にていねいに答えていただきました。
諒平のインフルエンザ接種は術後1か月までダメだけど、
私はOKがでました。

診察は10分くらいで終わり、会計して帰宅。
1日がかり、ちょっと疲れました・・

17 : 05 : 29 | 歯科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
遺伝科受診
2015 / 11 / 02 ( Mon )
1年ぶりの遺伝科でした。

診察前は身体計測だけだったので気楽でしたが、
なにしろ、雨だったので正面玄関に近いところの駐車場が心配でした。
10時予約で9時40分ころについたけど、まあ近いところに停められました。

計測も診察も待ったのでトイレへ。
ほとんどトイレで待った感じ~(汗

診察では、8月の労災の血液検査の結果を報告。
環境の変化とかあったかなぁ。というお話でした。
あとはお薬。ちょっと高めの時も内分泌科では特に言われなかったので・・・
遺伝科の主治医は安定剤の作用かも、と言ってました。
それについては、他害行動は落ち着くのでしょうか、、、とお聞きしました。
人間だれでも25歳くらいまでには落ち着きます。と。
染色体異常の方でも25歳以上になると急に老け込むことはないでしょうけど。と。
ダウン症だと割と老化するのが早い人もいるんだけど・・・
落ち着けば安定剤も少なくできるよね。
落ち着いてほしいね。いつか。

今日は循環器Drの労災病院への紹介状をもらってかえるつもりでした。
が、添付資料がないとかで郵送になってしまいました。
病院側の不手際なので切手代は病院もちw
紹介状は文書料が保険適用らしく、無料でした。

諒平の期限がわるくなる前に病院を出ることができましたw

ちなみに、遺伝科は来年も予約ありです。
「稀少」染色体異常だからかなぁ。
相談できる窓口が残っているのは親としては安心材料です。
14 : 00 : 07 | 遺伝科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |