精神科クリニック受診
2010 / 10 / 01 ( Fri )
紹介された発達障害クリニック(精神科)へ行ってきました。

知ってか知らずか、ごく最近になって
学校でも声を出し続けたり、
授業中に教室の外へ出たり、
友達に手を出したりすることが目に余るようになってきてました・・・

開業医なのですが、療育センターのセンター長をなさってたお医者さん。
私立の養護学校の校医でもあります。

とっても綺麗なクリニックでした。
そして待合室で待っているお子さんも静かに待ってて、
私から見るとどこが問題なの?というくらい。

「発達障害」は発達する過程での問題であって、
諒平のような「知的障害」は生まれつきなんですけど、
今の時代、発達障害のお子さんが多くみられるようになって
こういうクリニックができるのもうなづけます。

待合室で「紹介状」を忘れたことを思い出し、
「母子手帳」も持ってこなかったので穴があったら入りたい気分に
なってしまいました・・
そんな状態で小部屋でソーシャルワーカーさんと3者面談。
主に生まれてからこれまでの聞き取りですが、
諒平は隅にあったおもちゃをガッチャングワッシャンと大きな音を
立てるのでお話になりません;;
一応持っていったポータブルDVDでおとなしくさせて話をしました。

30分くらい話した後、ようやく診察室で先生の診察。
やさしそうな先生でした。
といっても諒平は落ち着かないので、DVDを見続けてました。
20分くらいの診察で諒平の様子をお伝えしたのですが、
家や学校で困ってることはうまく伝えられたか微妙です・・・

発達障害のクリニックだから、本人は言葉が話せて当たり前みたいな
ところがあって、諒平があまりに重度なので
診察を受けながら私も落ち込んでしまいました・・

一応診察を終え、次回は「発達判定」です。
臨床心理士とテストを行って知能を図ります。
といってもA1だからかなり低いのは見えてますけど。

次々回にその結果を聞き、さらに次に先生の「診断」を聞くことになってます。

とにかくハイテンションで叩いたり声をだしたりするのを
抑えたいのでなるべく早く診察が進むようにしたいのですが。
特殊な「精神科」だからでしょうか、予約診療で1回3000円必要。
土日もやっていて土日の予約だと1回4000円。
次回予約のときにお金を払うので、今回は次回(平日)も含めて6000円。
世の中こういうものでしょうか・・・

一度主人も一緒にいきたいといってるので、
そのうち土日の予約を取ってみよう。
次回は学校からの帰りにいける時間に設定させてもらいました。

ちなみに初診の予約をするときに「初診は17時30分なんです」といわれました。
帰ったらいつもの夕飯時間をとっくに過ぎててすっかりお疲れモード。
簡単にできる夕飯にしちゃった。
しかも、このクリニックでよかったか考え始めたら寝れなくて・・・

翌日一応様子を話に直接学校へ送って担任に報告。
翌週が修学旅行で担任の先生も精神科の結果は気になってたみたいですけど。
残念ながら診断結果は時間がかかるとお伝えしておきました。
ごめんなさい。
学校でもハイテンションな時の対処法を知ってたらいいのに。
やっぱり薬しかないのかなぁ。

スポンサーサイト
12 : 11 : 39 | 精神科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<修学旅行! | ホーム | 授業参観>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsubasa02.blog85.fc2.com/tb.php/126-ad7ad490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |