クリニック判定&結果
2010 / 10 / 29 ( Fri )
21日に発達の判定にいってきました。

新型K式という方式。
臨床心理士のお姉さんと机に向かい合って
だされた課題をやるというもの。
手帳の判定と同じだなぁ、と思っていたら、
知能検査とは違い、小道具も違うとのこと。
ま、こちらは「発達」の検査ですけど。

積み木や型はめ、絵の描き方や指差しなどやってました。

初めてのお部屋で初めてのお姉さんで、
やることも指示されて乗り気のない諒平、
出された課題はちょっと見ただけで
すぐ片付けさせようとしてました・・・
そしてドアの鍵をあけて出ようとする。
仕方ないので持っていったポータブルDVDで落ち着かせて
臨床心理士のお姉さんと私で普段の様子の話をしました。


今日、結果を聞きに私だけ行きました。
運動能力は2歳程度、認知は1歳半、コミュニケーションは1歳前。
うーん、こうやって数値にされるとやっぱり「最重度」だなぁ。

パソコンのゲームなんかは親よりは早くやっちゃうんだけどな。
ということは、ソリティアゲームは1歳半のこどもでもできる、ということか??

これをもとに、Drと今後について次回は話をします。
対応の仕方について、対応するための実践方法。
必要であれば薬物療法など。

土日もやっているクリニックなので、
次回は主人も連れて日曜にいってきます。


スポンサーサイト
13 : 25 : 56 | 精神科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学習発表会 | ホーム | 遺伝科受診>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsubasa02.blog85.fc2.com/tb.php/130-92e34169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |