神経内科&内分泌科
2013 / 07 / 01 ( Mon )
新しいDrになって初めての神経内科でした。
男性で30代後半かな?ガタイのよい先生でした。
始終にこやかで話しやすかったです。

5月の給食中にあったてんかん発作らしいものは、
脈がゆっくりだったという保健室の先生の報告で
たぶん食べ過ぎなのかな、という判断になりました。
発作だと、脈は速くなるそうです。

去年7月から発作はないので、血液検査の結果にもよるけど、
とりあえず、このままの薬の量でいきましょうということになりました。

次は内分泌科でした。
少し便秘が改善されてきていることと
発作がないことから、
甲状腺ホルモン(チラーヂン)を増やすことに。
薬の効果がでるのが1週間ほどかかるので、
そのころに何か変化があったら連絡ください、とのことでした。
ホルモン剤、ほんとに微量=ナノグラムという単位で出されるので、
ちょっと怖いような・・・
でも全体的に体調がよくなるなら仕方ないよね。

診察中、部屋にあったミッキーのおもちゃを手に取り
キューキュー鳴らしてました・・赤ちゃんのときに遊んでたものと
同じものがあって、ちょっと思い出したみたいw
「片付けてね」といったら、ちゃんとかごに入れました。

先週まで3週間(途中現場実習でしたが)校内実習でした。
最後のほうはペットボトルのキャップ洗いという自主作業でしたけど。
校内のほうは落ち着いて仕事できたようです。
今週は実習後の個別面談があります。
現場実習での評価があるのでちょっと不安です。
課題はわかっているのでどう対応するか、が問題ですね。
スポンサーサイト
21 : 36 : 47 | 神経内科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<作業班の参観 | ホーム | 現場実習終わりました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsubasa02.blog85.fc2.com/tb.php/227-f68253e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |