障害区分認定
2013 / 11 / 07 ( Thu )
養護学校を卒業し、次の生活に移るときに
障碍者が必要なサービスを受けるために
「障害区分認定」の申請に行ってきました。

区役所のケースワーカーが本人と直接受け答えをするらしいのですが、
あまりにも重度なので、5月に受けた福祉相談会での取決めどおり、
ケースワーカーさんが現場実習の反省会で本人の様子を見て、
質問聞き取り等は私が区役所に出向いて行うということで。

1時間ばかり、本人の状態を聞き取り調査されました。
やっぱりできないことが多いですね・・・
希望する地活に行くには「生活介護」サービスとなり、
障害区分「3」程度になるのですが、
おそらくそれはとれると思います。

あとは重くなる(「6」が最重度)にしたがって、
受けられるサービスが増えます。
1年ごとに状態の調査があって、更新されるそうですが、
早めに最重度になりそうな感じです。

受けられるサービスと言っても、
実際は外出支援も人ごみは無理だし、女性のヘルパーさんは
トイレ介助もお願いできないので使えるサービスは少ないかも。

今日は聞き取り調査でしたが、
あとは主治医の意見書を提出して1か月ほどで認定されるそうです。
来週、遺伝科を受診するのでその時に主治医にはお願いします。
・・・なるべく重くなるようにお願いしてこようかな。

質問の中で、トイレが近いので尿パッドとか紙パンツとか使ってます、
というと、この4月から上限5千円まで補助が出るらしい。
それも主治医の意見書が必要なんだけど。
どうしようかな・・・月5千円は使わないけどな。
意見書とるのにも1通いくらでお金かかるしな・・・

これで、次は療育手帳の再判定です。
12月に諒平連れて更生相談所へ行ってきます。
(18歳未満は児童相談所だけど、18歳になったので担当が変わる)

普通なら自分で将来のことをクリアしていくんだろうけど。
看取りまで保護者が必要です・・・
スポンサーサイト
14 : 31 : 45 | 精神科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最後の学習発表会 | ホーム | 現場実習終了!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsubasa02.blog85.fc2.com/tb.php/237-7c36742c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |