親知らず抜歯手術
2015 / 11 / 28 ( Sat )
25日入院、26日に全身麻酔で下の親知らず2本を抜歯手術しました。

入院は私も付き添いで2泊します。
1日目は病室で病棟看護師・神経内科Dr・麻酔科Dr・歯科Dr・手術室看護師が来て
説明やら問診やらですぎました。

「本人の精神的安定のため」の付き添い入院は歯科のみ。
なのでトイレ付き個室です。
シャワーもついてるんですが、こちらは使用禁止みたいです・・・

付き添いのために病院にあるコンビニで寝具セットを借りてきました。
その間、病棟看護師さんが諒平をみていてくれました。

昼食と夕食は病室で。

24時からは絶食ですが夕食で十分食べたようでした。

翌朝は5時半起床、5時45分に常備薬を飲んでまた寝てました。
手術が8時開始なのでそれまでに飲んでくださいということでしたので。

7時45分に術衣に着替えて待機。
歯科の主治医がお迎えに来てストレッチャーへ。
こども医療なのでストレッチャーはこどもサイズ。
足の先が・・・出てました・・(笑

歯科の手術は特別で麻酔で寝るまでそばに付き添います。
私も服の上から青い術衣・帽子を着て入室。

手術台ももうぎりぎりサイズでした・・
点滴は左手の甲からとって麻酔を入れるとすぐに寝てしまったので、
私は呼び出し用のピッチを持たされ外へ。

手術の間、私の朝食をとって汚れたパジャマをコインランドリーへ。
あとは必要な私の食料をコンビニで調達。
そこで部屋で待機。11時半にコールあり。

すでに目が覚めているようで、
手術室を退室するまえに主治医から説明がありました。
右は2つに割って2針縫いました。
左は真横に生えていて、2つに割り、骨を削って4針縫いました。
左はかなり腫れるでしょう。糸は溶ける糸なので抜歯はしません。
熱が出なければ明日退院。
夜からおかゆで食事OKです。
一応鎮痛剤を座薬で処方してあります。
3日間は抗生剤を服用します。

というお話でした。
取り出した歯はビニール袋にいれていただきました。

手術室から出てきたときは案の定点滴のところに拘束帯。
今はしっかりできてる拘束帯。
病室にもどってから片方の手にも拘束帯をしてもらいました。

本人は疲れているようで、もちろん一言も発声なし。
病室でぼんやりビデオみてました。
口が閉じられず、血の混じったよだれがだらだらとたれてくるのでいちいちふいてあげてました。
16時ごろ、ちょうど痛み止めが切れるくらいでぶるぶるしてきたので
看護師さんをよんで痛み止めを入れてもらいました。
そのあとは寝たり起きたり。
夕飯はおかゆ・お味噌汁・細かくした麻婆豆腐・ふかしイモ・カリフラワースープ煮・リンゴ缶。
朝から食べてないのですごいスピードで完食。
舌でつぶすように食べてました。

食事ができたのでここで点滴をとってもらいました。
夜のお薬を飲んで、就寝。痛み止めの座薬もいれましとた。
21時ごろにダンナが顔を見に来たのでその間に私は夕食。

何度か目が覚めましたが痛み止めを使うことなく朝起床。
朝食に普通食が出たんですが、看護師さんがおかゆだよね~と
代わりのおかゆ食を持ってきましたが、
すでにやわらかいさつま揚げは食べちゃってました。
あとからきた朝食もよく食べてました。

主治医がきて様子をみて退院許可がでました。
それからが長い・・ちょうど看護師さんたちの交代の時間らしく。
10時すぎてやっとお薬をもらって退院となりました。

お昼前に家についたので、
いそいで炊飯器でおかゆのセット、
片付けをしながらとろとろのスクランブルエッグをつくり
桃の缶詰をあけてお昼にしました。
私の調子が悪かったのですが。

実は私が入院前から風邪気味で、
入院中よく休めなかったのもあってグロッキー。
帰宅した日は横になってました・・・

夕飯も小さく切った肉じゃがにしてなんとか乗り切りました。

いまどきの病院、家族で診察が多いですね~
昔はお父さんの姿はまばらでしたが。
かなりうらやましく思いました。
精神的にも体力的にも今回はつらかったです。
あ。でももう付き添い入院は最後かと思います。
術後検診の後は歯科も転院予定。





スポンサーサイト
16 : 46 : 58 | 歯科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<術後の診察 | ホーム | 内分泌科&神経内科>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsubasa02.blog85.fc2.com/tb.php/306-86804b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |